2014年06月19日

シートのレストア(前)分解ベース編

どうもこんにちは。

IMG_0895@.jpg

シートっす。
破れもなく原型をよく留めていますので、これはワックスで磨くだけで復活するかな?

ところがどっこい
シートカバーには細かい裂け目が複数ありました。
このままでは実用に耐えませんです。
選択肢は色々あったのですが、考えた末
カバー交換、ベース清掃とフルレストア?をすることにしました。 
  
IMG_1724@.jpg

裏っかわっす。
鉄製のシートベースから伸びる爪に、シートカバーを引っかけて固定しています。
現在の主流である、プラ製ベースにタッカー(ホチキス)留めじゃないんですね。

IMG_1726@.jpg

全ての爪を引き起こすと、カバーが取れました。

ふむふむ。お、”アンコ”に損傷が殆どみられません。
「買い直したほうが安くて早い」とはならないようです。
元のパーツをなるべく捨てないのがレストア浪漫。

IMG_1733@.jpg

じー。
…なんか美味しそうだな…(´_`)

『53,7,24』S53=1978年と思われます。

IMG_1734@.jpg

そんなことよりシートベースがひどい!
(とはいえ鉄板は朽ちていないので、レストア界の基準では極上です、念のため)

IMG_1735@.jpg

ワイヤブラシでごしごし。
やっぱり、塗膜の裏でサビ大繁殖です。わはは。

何とかしなければなりませんが、
形状が複雑で全部剥ぐのは面倒そうだし、外から見える部分では無いし
ここは錆止めさえできればレストアに支障はありません。
私は見えない部分には拘らないタイプ。

というわけで、手抜きレストアといきましょう。

IMG_1926@.jpg

洗浄後『サビキラー プロ』をべたべた塗りました。

IMG_1930@.jpg

浮きサビだけを取って、あとは樹脂で固めてしまう感じです。
ただ手抜きとはいっても、またサビが出ないよう何度か塗り重ねています。

IMG_1931@.jpg

さらに上から塗装をしちゃえば完璧でしょう。

経費節約のために、『アクリルシリコン系』のスプレーを使いました。
そこそこ強靱らしいですし、ウレタンスプレーとは違ってちょっとずつ使えて便利です。

(フレームには二液ウレタンスプレーを用いていますが、
とても高いですし硬化前に缶を使い切らなければなりません。)

これでシートベースが完成しました。

次回後編は、新品のシートカバーを調達し、張りなおします。
 
B003972JPUアサヒペン 高耐久ラッカースプレー 300ML 黒[HTRC 2.1]
アサヒペン

by G-Tools

 
posted by kanaejun at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99734054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック