2014年01月21日

サンドブラスタその2直圧式編

前回のあらすじ:
サンドブラスタの導入にあたり
最安価の吸い上げ式を購入した筆者であったが
自宅の設備では期待する性能を発揮できなかった。
なんとかの銭失いに陥りつつある彼の取った行動とは。

IMG_1429@.jpg

直圧式サンドブラスタを製作しました!(灯油タンクは支えです)
吸い上げ式ブラストガンはエアスイッチに転用。銭失いにならずに済んだぜ…。

IMG_1407@.jpg

今度は完璧\(^o^)/砂を当てたあとがくっきり。

なおこちらは、紙ヒコーキ。さまの
ペットボトルブラストEX”を受け売りさせて頂きました。
おかげさまで試行錯誤にともなう余分な出費を抑えられました。
この場を借りて御礼申し上げます。
  
この記事では、参照元に無い情報を中心に補足をいたします。
でもいちおう仕組みだけ。

IMG_1436@.jpg

二重管を通った副ガス流が、メディア容器であるペットボトルを加圧。
押し出されたメディアが主ガス流に乗り、ノズルを経て目標物を叩きます。

ちゃんと加圧がされているのかどうか明瞭には観察できませんが
ガス・砂合流点手前においては
重力(ベンチュリ効果も?)による加速が期待出来なさそうなので
メディアの押し出しはされている様です。
スイッチを入れれば、ほぼ一定量の砂が出てきます。
単純なわりには正確で効率の良いシステムです。すごーい\(@o@)/

ガス圧は0.2MPa。
これなら家庭用エアコンプレッサでも対応可能です。1万円ぐらいから。
お金が貯まったら買う予定ですよ。

IMG_1332@.jpg

二重管部分の製作についてですが、
外側は水道ホース、内側は4mmの銅管を使用。
参照元さまの様に、ニップルに半田付けで固定しようとしましたが
半田ゴテがしょぼいせいか失敗。
管の先端を少し絞ってプラグ部分に半ば差し込んでから
周りを金属用パテで固定しました(上写真)。

T型分岐管(写真・二重管部分の銀白色のパーツ)が
ホームセンターの空圧機器コーナーに見当たらないと思ったら
建築物用配管(ガス配管とか)のコーナーにありました。
並のホムセンですとガス管コーナー自体が無いのがネックです。
しかし空圧配管のT型チーズ(写真・合流点のパーツ)で代用可能です。

ガス配管部品は空圧配管部品(写真・金色のパーツ)と比べ
およそ半額で売られていましたが、
断面が六角になっていないパーツもあり(=スパナで締められない)
また多少ネジ山の精度が甘いようです。
用いる場合は接続部からのガス漏れにお気を付け下さい。

ネジ径は全て1/4。水道ホース内径12mm。
エアホース内径とプラグ外径は共に7mm。

かかった総額は前回の吸い上げブラストガンを除くと
5千円ちょっとでしょうか。
安価なバルブがなかなかありません。結局Amazonで購入しました。
ホースバンドもホムセンによって価格差がありました。

完成後さっそく、この装置を使ってエンジンカバーを完成させましたヽ(´ー`)ノ
また改めてレポートします。

SUN UP ボール式エアーコック R1/4xR1/4SUN UP ボール式エアーコック R1/4xR1/4

SUN UP
売り上げランキング : 43374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
タグ:ツール サビ
posted by kanaejun at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85716786
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック