2014年07月01日

シートのレストア(後)皮張り編

IMG_2283@.jpg

ひゃっほーう皮を張りました。

仕事で、シートがビリビリに破れたバイクに何台も乗ってきましたが
シートの品質はとても大事!

皮が破れたりして、雨水のしみこんだシートに跨がった時のあの不快感!!!('A`)

今回は、新品の皮を購入して張り直しました。
 
 
さて、流石に皮を自分で縫うわけにもいきませんので
私は下記のショップで購入いたしました。

L_u_c_y J_a_p_a_n: http://lucyjapan.shop-pro.jp/

色のオーダーもさることながら
剥がした古い皮を送ると、それを型どりして同じ物を作ってくださいます。

理論上?どんな車種でも対応可能でしょうし
カブの様に、頻繁に仕様変更があった車種ではとてもありがたいサービスですね。

IMG_2278@.jpg

白と黒のツートンにしました。
オリジナルとは違いますが、車体に明るい部分が欲しかったのです。

早速シートにおっかぶせましょう。

お、ルーシージャパンさん曰く
「防水と滑りを出すために、ナイロン生地を下に敷いて下さい」とのこと。
布の縫い目から水が入ってしまうんですって。

ナイロン?手元にないぞ。
木綿とかだったら肌着をバラせば良いのですが…

IMG_2276@.jpg

手芸店に行ってきやした!
女子力100%なエリアだったので、わざわざ一張羅を着て行きましたよ。

店内には”撥水ポリエステル”などもありまして
また、ネットには「ビニールのゴミ袋でじゅうぶん」という意見もありましたが
そこはそれ、ルーシーさんの経験則みたいなのがあると思いまして、ナイロン生地を選択しました。

テーブルクロス用なのか、ちょっと生地が厚めなのも良いです。
ヘビ柄ですけど、これはこれしか無かったので…まぁ見えないしいいや。

IMG_2279@.jpg

かぶせました。
ううっ布が切りづらい…布用はさみが欲しいと思いました。

IMG_2280@.jpg

キリで皮(と布)に穴を開けて、シートベースの爪をブスリ。
※なお、穴開けにキリを使うのが良いか悪いかわかりません。

IMG_2281@.jpg

途中。
まず前後・車輌進行方向の爪を引っかけて位置決めをしたあと
向かい合った爪を順番に引っかけていくのが
ずれず、しわも寄らずにうまく張るコツの様です。

最後の方になってくると皮がピーンと張ってきて辛くなりますが
エイヤっと引っ張って爪を引っかけます。

IMG_2286@.jpg

終了!
余分なナイロン布を切り取って出来上がり〜\(^o^)/

ベースにつけるゴムの吸盤は、何故かまだホンダから出ます。わーい。

IMG_2287@.jpg

ひゃっほーう完璧だぜ〜。
おもむろに上に腰掛けてみたり。

レストア終了の暁には
背中側の白い部分にHONDAロゴを入れる予定です。


ところで、ビンテージカブのシートに関しましては
東南アジア向け?のリプロ品シートAssyが、まるごと安く売ってたりします。
レストアの手間を惜しむならば、さっさとそちらと交換してしまうのが良いのですが
そこはそれ、”レストアを楽しむ”なので。

またシート皮の品質は、リプロ品よりは遙かに良いでしょう。



前回の分解編はこちらです。
 
 
posted by kanaejun at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100947737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック