2013年12月30日

あんどん(フロントトップカバー完成)!

IMG_1326@.jpg

仮組みしましたー。
中央に鎮座しましたるは”行灯”です。
もちろんアンドンというのは当時の人や今のファンの言う愛称で、
これはポジションランプassyです。
自動車が薄暗がりの時に点灯させるアレです。

オリジナルのC50K3型には行灯は無いのですが、
昔のカブらしいものとして装着してみたかったのです。
取り付け・配線の穴が開いていますのでポンと付けるだけです。

IMG_1325@.jpg

ハンドルと合わせてみたところ。
Yの字のシルエットがシュッと決まっていて素敵。

トップカバーの上下にあるめっきのモールも
この時期のカブの特徴です。品を損なわない程度のアピールで
輪郭を引き締めています。
 
続きを読む
タグ:アフター
posted by kanaejun at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3

2013年12月25日

[失敗]ケミカルの扱いは慎重に…

ガソリンタンクのサビ取りをしたあと、取っておいた希塩酸溶液を
間違って石油ストーブに入れてしまいました。

IMG_1271@.jpg

半日で石油タンクキャップがここまで!
なんというエイジング能力。使える!(使えません)
 
続きを読む
タグ:失敗 サビ
posted by kanaejun at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3

2013年12月24日

リヤークッションの分解

 
IMG_1294@.jpg

かもめ号のリヤークッション(リアサス)ですが(写真上)
めっきされた下部カバーがサビだらけです。
上部カバーは錆取り・再塗装をすれば大丈夫ですが
めっきは手作業ではどうにもなりません。
(冶金業者に依頼するという手もありますが)

ヤフオクにて状態が良いもの(写真下)を入手しました。
しかしこちらは上部カバーがへこんでいます。
なのでニコイチ(=2個のボロから1個のマトモを作ること)
する事にしました。
無駄が多く見えますがレストア界では良くある手法ですね。
余った部品を用いて故障への対応も出来るようになります。

旧車ユーザー宅にあるストックパーツだけで、
もう一台組めるというのも良くある話だそうで… ((((;゚Д゚))))
 
続きを読む
posted by kanaejun at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3

2013年12月17日

ガソリンタンクのサビ取り3

ガソリンタンクのサビ取り1
ガソリンタンクのサビ取り2


今回はどうにも危険すぎて、モヤモヤして面白くない記事になりそうです。
考えた末写真も自重しました。すみません。

実は、前回サビが取れたところで一連の処理を終わらせることが出来ます。
参考にさせて頂いたウェブページに従い、
1.先にとっておいたマジックリン溶液をタンクに注ぎしばらく置いて塩酸を中和。
2.水洗い後、『CRC66 マリンフォーミュラ』を盛大にぶっかけて防錆処理。
3.乾燥後はあまり間を置かずに組み付けて、ガソリンを満たせば大丈夫でしょう。


ところが今回、タンクの底にピンホールを発見!穴開いた…
サビの浸透で、外からは分からなくともタンクの肉厚が損なわれている可能性(´・ω・`)
これはマズそう…ということで内部からコーティングを行うことにしました。
 
続きを読む
タグ:サビ
posted by kanaejun at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3

ハンドル部分完成

ハンドルを仮組みしました!

IMG_1250@.jpg

緑色の塗装がなかなか決まっている〜。ださかっこいい。
 
続きを読む
posted by kanaejun at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | C50K3